血行促進の水素水ナビ

血行不良は体の不調の原因となります。
血行不良と言えば、『冷え性』が代表格ですが、その『冷え性』も体質だからと放置しておいては、毎日の生活が本当に不愉快になりますね。

体の外面から整えるためには、適度な軽い運動を続ける、入浴剤を使ってリラックスする、などの方法があります。

体の外から整えることと並行して、内側からも整えたら、とても効果的なのはわかりやすいと思います。

水素水は、エイジングケアとしての美容への効果に留まらず、さまざまな疾患への改善効果が認められ、一部の病院などでは治療の一環としてとり入れられています。

水素水は、なぜ脚光を浴びたのか?

水素水が注目され始めたきっかけは、その効果にあります。「活性酸素」は、かなり以前から身体をサビつかせて老化を進める存在として話題になっています。この活性酸素をとり除いてくれるという効果が、水素に期待できるためです。

活性酸素がすべて悪いというわけではありません。活性酸素の中でも細胞やDNAを傷つけてしまう悪玉活性酸素(=ヒドロキシラジカル)に強力な酸化作用があり、人体に影響を与えます。

酸化されてしまうと、老化が促進され、心筋梗塞、脳梗塞、癌などの疾病を引き起こすことになります。

水素水は、このヒドロキシラジカルだけを選んで結合し、水に変換されて身体の外に排出されるという特徴があるのです。2H2O→2H2+O2・・懐かしい化学式です。

なぜ、水素水が悪玉活性酸素だけを選ぶのか?

善玉活性酸素と水素は同じ球体同士でお互いに反応しない性質を持つのに対し、悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル)はギザギザしていて吸着力が強く水素と反応しやすい性質を持っています。
反応しにくい性質同士の善玉活性酸素と水素は反応することなく、吸着力の強い悪玉活性酸素とのみ水素が反応して無害な水に変わるのです。

多くの病気の原因になる悪玉活性酸素!その原因を直接減らしてくれる効果が水素水には期待できるのです。体にとって、救世主のような役割がありますね。

水素水には血行不良を改善する効果もありました。

血行不良の一番の原因は、体のエネルギー不足から起こります。エネルギー代謝が悪くなると体から力や熱が生まれないため体温が上がりません。体温が上がらないと血行不良が起こります。

体のエネルギーを生み出しているのが、細胞の中にあるミトコンドリアという小器官です。ミトコンドリアは食事などから取った栄養素と肺から送られてきた酸素によってエネルギーを作っています。

ミトコンドリアとは?

人体には約60兆個の細胞があり、生命維持活動を行っていますが、ミトコンドリアはこれ等細胞のすべてに存在する細胞小器官です。そして各細胞が活動するために必要なエネルギーを生産する働きをしています。
そのためミトコンドリアは人体の発電所といわれています。

ところが、肺からミトコンドリアに送られてきた酸素から、細胞を破壊する活性酸素が発生します。活性酸素はミトコンドリアのエネルギーを作る力を弱め、エネルギー代謝を落としてしまいます。

水素水に含まれている水素は、ミトコンドリアの力を弱める活性酸素を吸着し、エネルギー代謝を高めます。

つまり、水素水に血行促進効果がある理由は、水素の抗酸化力によるものだったのです。
結果として、血流を改善することにつながるわけですね。

血行が促進されることで、冷えや肩こりの改善効果が大いに期待できます。
水素水の効果は多岐にわたります。まさに現代人の救世主のような存在です。

水素とミトコンドリア研究の第一人者である、日本医科大学の太田成男教授は『生命の根源であるミトコンドリアを増やせば、10年ぐらいは簡単に若くなるはず』と話されています。

テレビや水素関連著書でも有名な、水素研究の世界的権威である
太田成男博士と共同開発された、本物の水素サプリメントがあります。
1カプセルで飽和水素水1リットル分!
水素は体内で発生するため、水素を取り逃がすことなく
効率よく水素を摂取することができます。

論より証拠!水素発生検証動画をご覧ください!!